2016年10月30日

損益通算すべきか

USハイインカム・ストラテジー・ファンド(毎月分配型)をスイッチングするとき、解約して移行になるから、儲かっている場合は課税されます。それで他の含み損のファンドも少し解約して損益通算すれば、税金を払わずに済むようになったりします。

なったりは状況によっては含み損のファンドの分は税金が戻ってきて、スイッチングの分はそのまま課税になるパターンもありますので。

どっちにしろ税金を払いたくないからと、含み損のファンドを解約して、その後の上昇を逃したらアホだから、損益通算の解約はしません。むしろ買い増しでのサルベージ(引き上げ:この場合プラス圏への引き上げを意味します)を考えています。

それでライター稼業の収入が入ったので、平均取得単価の引き下げの為の一時的な積立をしようかと思っています。あくまで考えているだけで、状況によってはやらないです。

posted by 南 歳三 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック