2020年01月19日

今回は世界シェールガス株ファンド

GS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コースが好調で、米国株アルファカルテットのマイナス分を一気に取り戻しました。取り返した分は分配金として受け取って再投資します。他の株式型も好調で、今回も株式型でなくハイイールド債の方に投資しようと思ったけど、ハイイールド債のファンドもプラスなので、こちらも投資しづらいということで、ガソリン価格の上昇へのリスクヘッジということで、今回は世界シェールガス株ファンドにしました。

シェールガス価格はガソリン価格に完全連動していなくて、仮に連動したとしてもポジション的にはまだ小さくて、リスクヘッジになっていませんが、少しでもリスクヘッジになるように投資額を増やしています。

株式型の分配金で債券型に投資して、債券型の分配金で株式型に投資という感じで、リバランスを進めたいので債券型を増やそうと、債券型の種類を増やそうかと思います。次回は別の通貨選択型を買い付けて、債券型のポジションを増やします。
posted by 南 歳三 at 16:03| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

今回はGS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コース

米国株アルファカルテットが償還されていました。気になるトータルリターンですが、こちらもマイナスで終わっていました。マイナスと言っても今まで投資信託で稼いだ額に比べればゴミみたいなもので、気にするほどではないです。次のファンドで取り返せばいいということで、償還金で買うのはGS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コースで、今回まとめてGS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コースを買います。

GS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コースは前から買いたかったけど、下がるのを待っていたら下がらず買い増しできなかったという、クオリティの高いファンドでして、今でも12%もプラスです。

ハイイールド債の方も検討しましたが、こちらも前回買った分はプラスでして、買うなら下がってからということで、前から決めていたGS米国成長株集中投資ファンド 毎月決算コースにします。

米国株はさすがに上げ過ぎと警戒していますが、分散とか面倒だから一括で買います。下がったら順次買い増すだけだし、気にせず投資します。
posted by 南 歳三 at 21:01| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月05日

今回はDWS 欧州ハイ・イールド債券ファンド(資源国通貨コース)(毎月分配型)

前回DWS 欧州ハイ・イールド債券ファンド(資源国通貨コース)(毎月分配型)を注文しましたが、まだ楽天証券内で手続きが済んでいなくて、約定していなくて助かりました。今回は前回のが約定していないので、結果的に追加になります。

基準価額が1万円割れているファンドは駄目だと烙印を押してしまいがちですが、分配金を払う=損をしているのではないから、本当に駄目なのかはトータルリターンで測るべきです。過剰な分配金は運用益を落としますが、リバランスで他で投資をするならば、必ずしも悪くなるわけではないので、分配金の大小で判断するのも意味が無いです。要するに基準価額にとらわれないでトータルリターンで判断すべきです。

ただトータルリターンがプラスだから、今後もプラスになるとは限らず、ファンドの良し悪しは結局誰にもわかりませんし、今回は予測できないのでお勧めしません。あくまでも参考程度にご検討お願いします。

posted by 南 歳三 at 17:46| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

グローバル3倍3分法ファンドの続き

シーサーブログでアクセス上位になったと喜んでいたら、単純に外国からの不明なアクセスで上位になっただけとガックリです。

それでもサービスでグローバル3倍3分法ファンドを買っている人たちに。後から気付いたことを教えます。

「たわら男爵」というインデックスブロガーが、グローバル3倍3分法ファンドのことを自身のブログで批評しています。内容は単純にたわら先進国の方が、3文法より運用成績が良いと言っているだけで、残念ながら参考になることがありませんでした。グローバル3倍3分法ファンドはバランス型だからバランス型同士で比較すべきです。たわらと比較するならば運用方針的に「たわらノーロード バランス(積極型)」でしょう。同ファンドのトータルリターンは年21.09%と好成績です。一方グローバル3倍3分法ファンドは年31.80%とこちらが勝っています。

バランス型で運用するならばグローバル3倍3分法ファンドの方が良いということで、グローバル3倍3分法ファンドへの投資は正しいと思います。

しかし、バランス型はリスクを減らすためにバランスを取っているわけで、3倍とリスクが高くなっている時点で、実質バランス型に投資をしていないことになっています。グローバル3倍3分法ファンドは実質的にアクティブファンドと考えてよく、バランス型で運用したい人はバランス型に、パッシブ運用したいならば普通にたわら先進国を買えば良いということになります。

ちなみにたわら先進国が優れているというわけではなく、興味ないから調べてなく、適当に書いています。

posted by 南 歳三 at 13:29| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする