2019年03月30日

今週は米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)

国内リートのファンドを全部解約したので、分配金がかなり不足しています。そのため分配金を増やすために今週は米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)を買い付けます。

丁度米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)の含み損が一番多くなったので、タイミング的にも買いたいところでした。

ただ悲しいことに楽天証券から、米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)は1年以内に償還を迎えると通告が来ているから、償還される前にトータルリターンでプラスにしたいところです。

償還後には別の毎月分配型を探して、そちらに投資をします。カバードコールで買いたいのが無いし、どこも新たに設定してくれないだろうし、カバードコールでの投資は残念ながら米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)で終了になります。
posted by 南 歳三 at 08:47| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

ファンドをスイッチングします

想定外で米ドルが早く下げたから、保有しているフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオB(為替ヘッジあり)を為替ヘッジなしの方にスイッチングします。またファンドが含み益になっているので、税金支払い用の現金を入金です。

FXの方が苦戦しているのに、こちらばかり為替で簡単に差益を出して変だなと思いながら、このファンドで使っている判断方法で為替取引をしたら儲かると考えて、試しにeワラントでやってみようと思います。

ハイイールド債のファンドのトータルリターンの方ですが、確認したらほとんどの銘柄でプラスで、ハイイールド債への投資は成功だと言えます。唯一マイナスがフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオB(為替ヘッジあり)で、これは乗り換えのタイミングが含み損の時になっていたばかりにマイナスになっていて、乗り換え先のフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)のトータルリターンと合わせるとプラスになります。

ハイイールド債の値下がりリスクを考えたら、ある程度まとまった金額になったら解約して、ソーシャルレンディングにしようかと思ったけど、効果的に為替差益が取れるので、このままフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオシリーズに投資を続けていきます。

posted by 南 歳三 at 20:22| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今週はベトナムを買います

ベトナムの株価が下げています。インドなんかパキスタンと衝突したのに株価が上がって、インド株のファンドがプラスになっているというのに投資先を間違えた感じです。

と短期的ならそう感じますが、すぐに解約しないでまだまだ持ち続けますから、下げたら買い増しするだけです。じわじわとベトナムの比率が上がっていて、バランス的にも問題になりそうですが、こちらもプラスになれば投資をやめて、分配しながら比率を下げていけばいいので、まったく気にしていません。

今週は分配金が無いので、ベトナム成長株インカムファンドを楽天ポイントだけで買います。毎週買い付けできるようにポイントを残しておいたおかげで、今週も買い付けできます。フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンドを全額解約することにしたので、これから分配金が少なくなるので、楽天ポイントだけで買うのがこれからよくあります。

フィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンドを全部解約の理由ですが、国内リート全般が買われ過ぎて割高なので、利確して逃げます。売却代金はeワラントで活用します。eワラントなんてリスクが高いものに投資は馬鹿げていますが、試験的にやってみて駄目だったら、また戻します。

国内リートの分配金の穴埋めを楽天ポイントでどれだけできるか?頑張って楽天ツールバーでポイント稼いだり、現金払いを楽天カードにしたりして、頑張って楽天ポイントを稼いでいきます。
posted by 南 歳三 at 17:27| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

今週は米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)

昨日は記事を書こうにも、楽天証券がシステムメンテナンスで口座にアクセスできないから、今日になりました。

今週は米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)です。繰り上げ償還になる前にトータルリターンがプラスになるように平均取得単価を下げたいところです。ちなみにインドがトータルリターンがプラスになっていました。こっちはまだ解約しないから、まだ上げて欲しくないのですが。

楽天ポイントがまだ余っていますが、受け取れる分配金が少なくて、分配金だけじゃ毎週買い付けができないので、今回も1銘柄だけにします。

モーニングスターで相変わらずパッシブ有利な記事が書いてあったけど、ああいうのを真に受けてパッシブファンドを買い続ける人たちが哀れに思う。あの記事の成績は一括で買った場合でして、積立で買っている場合は、理論上アクティブ有利なんですよ。変動の大きさが成績を上げるから、リカバリー効果で新興国株の積立が一番有利になります。

ただあくまでも理論上だし、必ずリカバリーして基準価額が回復するとは限らないです。買い付けのタイミングもあるし、アクティブの方が有利だとお勧めはしません。
posted by 南 歳三 at 08:13| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

今週は世界シェールガス株ファンドを買います

今週何買おうか悩みました。米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)は分配金を出したばっかりで、今買うと分配金再投資になり分配金受け取りにした意味が無くなります。ハリス世界株ファンド(毎月決算型)は9日に分配でしたが、9日は土曜日で分配は来週初頭と買いと同時に分配金が出ることになり、こちらもパスです。

それで分配型は後回しで、一番下げ幅が大きい世界シェールガス株ファンドにしました。ポジション的に資源関係を増やしたいところでしたから、今回の買い付けは歓迎すべきで、繰り上げ償還に備えて少しでもマイナスを減らしたいから、この面でも買いは必要な所です。

ただガソリン価格の上昇のリスクヘッジで買ったのが、上昇どころか逆に下がって、基準価額も下がってヘッジが失敗になっています。原油価格が下げていて、基準価額も上がりそうにないから、買い増しする意味があるか難しいところです。それでもいつガソリン価格が上昇するか予測できないから、予め買っておきたいところです。ガソリン価格は今130円台と、ファンド購入時は140円超えていて、130円台で入れられるとは夢にも思っていなくて、基準価額のマイナス分はガソリン価格の下げで埋められるので、損失は気にせずに買い増していきます。
posted by 南 歳三 at 22:12| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

フィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)をヘッジありにスイッチング

ドル高が進んだので、フィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)をヘッジありにスイッチングします。前回ヘッジありからヘッジなしにスイッチングしたら、債券価格の上昇とドル高で含み益になっちゃって、今回は税金を取られます。税金を取られる分金利収入が減るし今度はヘッジコストも払うことになり、普通は損に思えますが、それ以上にドル安になればリスクを回避できた分得になります。

このスイッチングで問題なのは、税金を取られることです。税金を取られることのどこが問題かというと、スイッチングは税金を取られる前の金額でスイッチングするので、後で税金を払う必要があり、実際にスイッチング後に預かり金が減っていてびっくりしました。当然意味が分からず後から税金分を預かり金から引いたとわかりました。これが預かり金で税金を払えなかった場合は、スイッチングはできるけど残高がマイナスで表示されます。これもびっくりで後から入金しましてマイナスは解消しました。入金しなかったらマネックス証券から催促のメールが来たでしょう。ただこれは特定口座で源泉徴収を徴収した場合で、源泉徴収を選択しなければ預かり金から徴収されないから心配することは無いです。

それで今回は予め入金してマイナスは避けます。源泉徴収を選択しなければいいのだけど、後で申告するのが面倒くさいので、入金にします。

すぐにはドル安にはならないので、次回のスイッチングはこのファンドの存在が忘れ去られる数ヶ月後になりそうです。
posted by 南 歳三 at 21:44| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

今週はベトナムを買います

株価が上昇してだいぶ含み損が減ってきましたが、まだベトナム成長株インカムファンドは二桁%のマイナスなので、てこ入れで今週はベトナム成長株インカムファンドを買います。

マイナス幅が大きいと投資が失敗に見えますが、まだ投資額が少ないから、大したことはなくこれからの上昇に期待しております。今はベトナムは不人気ですが、また人気が出るだろうからそれまでせっせと買っていくだけです。

楽天カードでの買い物が増えて、それに合わせて楽天ポイントが増えたので、今後投資信託の買い数量が増えるかもしれません。ただ新規に銘柄は増やす予定は今のところ無いです。ハイイールド債のファンドを保有したいと思ったら、すでにマネックス証券で保有していて、しかも他は買えないくらい成績が良いので、楽天証券ではハイイールド債のファンドは保有する予定は無いです。
posted by 南 歳三 at 22:18| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする