2018年07月28日

リカバリー効果が出ています

米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)の含み損が減っていて、追加で買い増した分が利益になってさらに含み損を減らしていました。ちなみにトータルリターンはプラスです。

アクティブファンドは大きく値下がりすることがあるけど、中身が良ければその後大きく値を戻してくれます。この値を戻す行為をリカバリーといい、効果をリカバリー効果といいます。

大きく値を下げないインデックスファンドの方が、アクティブファンドよりも運用成績が良いと思われがちですが、このリカバリー効果が得られるアクティブファンドの方が結果的に運用成績が良いです。ただリカバリー効果もファンド次第で必ずしもインデックスファンドよりも運用成績が良くなるとは言えませんが、自分自身はリカバリー効果を活用して運用成績を高めていきます。

とりあえずこのリカバリー効果を狙って、国内リートから受け取った分配金と楽天ポイントでベトナムをちょっと買い増しします。

posted by 南 歳三 at 17:39| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

フィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオB(為替ヘッジあり)を買い増しします

前回の記事が投稿できていなくて今頃投稿になりました。

今回SBIソーシャルレンディングからまた元本の一部償還と分配金があったので、フィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオB(為替ヘッジあり)を買い付けの注文を出しました。

円高がまだまだ進むと判断して、ヘッジありの方で注文です。1ドル=114円行くと思っていた人は、チャートの分析を勉強しましょう。

どこまで円高が進むかですが、これ来月のアメリカの雇用統計とか重要な経済指標がありますから、今すぐには判断できず、とりあえず1ドル=110円を割ると考えております。

前回あわててヘッジありからヘッジなしに戻してしまったので、今回はじっくり円高が進み過ぎるのを待って、再度スイッチングしようと思います。
posted by 南 歳三 at 14:46| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)をヘッジありにスイッチングしました

円安が進んだのでフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)を全額ヘッジありにスイッチングしました。



1ドル=110円を割り込む円高になったらまたヘッジなしにスイッチングします。いくら為替差益が出ても利確しなければ意味が無く、利確するとしたらファンド自体を解約と継続して投資ができなくなります。というわけで為替差益を確保してなおかつ投資が継続できるスイッチングのありがたみを今回も受けております。ヘッジコストが必要ですが、その分を引いても為替差益を確実に得られている分損はないです。

分配金が貯まったので、楽天ポイントも使って、またベトナムと米国株アルファカルテットの買い付けをしました。米ハイイールド債は円安でプラテンしたので今回は見送りです。マイナス幅が大きくてまだしばらくこの二つへの投資になりそうです。



posted by 南 歳三 at 14:30| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

フィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)をヘッジありにスイッチングしました

円安が進んだのでフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)を全額ヘッジありにスイッチングしました。



1ドル=110円を割り込む円高になったらまたヘッジなしにスイッチングします。いくら為替差益が出ても利確しなければ意味が無く、利確するとしたらファンド自体を解約と継続して投資ができなくなります。というわけで為替差益を確保してなおかつ投資が継続できるスイッチングのありがたみを今回も受けております。ヘッジコストが必要ですが、その分を引いても為替差益を確実に得られている分損はないです。

分配金が貯まったので、楽天ポイントも使って、またベトナムと米国株アルファカルテットの買い付けをしました。米ハイイールド債は円安でプラテンしたので今回は見送りです。マイナス幅が大きくてまだしばらくこの二つへの投資になりそうです。



posted by 南 歳三 at 19:53| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月07日

損をすることを恐れない投資

ベトナムがかなり下げていてマイポートフォリオでは一番のマイナスになっています。しかしこれは別に気になっていません。まだ買い増しの途中だから逆に下げた方がありがたいです。

投資で損をしたくないのは、ごく当たり前の心理でして損をしたくないから銘柄選びに慎重になり、投資のタイミングにも慎重になります。

逆に損を恐れない投資というのがあって、損を考えなければどれが一番儲かるかを考えて銘柄選びをして、投資のタイミングも考えます。損を恐れなければ株価の上昇率が一番高そうな新興国を買うわけで、自分自身は損を恐れずに新興国を積極的に買っていきます。さすがに全く損を恐れないわけではなく、損を恐れて幅広い分散投資で損失を抑えているから、損を恐れてないだけです。

損を恐れなければ必ず儲かるというわけじゃないので、損に対しては人それぞれで、損を恐れるなら新興国は買わない方がいいです。損を恐れない投資もあるということで、参考になればと思い書きました。個人的には株価の低迷が長期化すると考えて、新興国よりもハイイールド債の投資を増やそうと考えています。これもあくまでも独自の考えですから、参考になればと思い書いています。

posted by 南 歳三 at 22:34| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ポイントを使ってまで投資

ライター収入が入ったので、引き続きフィデリティ・Jリート・アクティブ・ファンドの買い注文を出しました。他は予算が無くて、買わない予定でしたが、あまりの下げ幅に米国株アルファカルテットとベトナムの方を楽天ポイントで買い注文を出しました。

ポイントは本を買うために残しておいたのですが、仕方なく使いました。本も買えない程度ですから焼け石に水レベルの買いですが。

国内リートですが、前までマイナスだったから処分を考えていましたが、今はプラスで逆に安定的にリターンを得るために幅広く分散投資をすべきとの判断で、継続的な保有を考えています。またライター収入が入り次第買いを増やします。





posted by 南 歳三 at 00:07| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする