2018年02月24日

ドル建て資産を強化します

FXで稼げたので、FXの口座から出金してドル建て資産の買い増しをします。対象として米ハイイールド債のファンドを中心に株式型も少しという感じです。

マネックスでフィデリティ・ハイ・イールド・ボンド・オープン ポートフォリオA(為替ヘッジなし)の買い増しをします。せっかく円安になってもまた今回みたいに円高になるかもしれませんから、ヘッジありにスイッチングできるのはありがたく、ひそかに重宝しています。

株ならバイアンドホールドは有効かもしれないけど。為替はとても有効とは言えないので、株式型でもスイッチングできるものを買っていこうかと考えております。ただ円高になる場合はリスクオフということで株そのものも下がるから、スイッチングするよりも解約して現金化した方がいいように思えて、それなら毎月分配型で少しずつ解約しながら為替リスクを回避ということで株式型はスイッチングは検討しないです。

posted by 南 歳三 at 20:31| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

ハリス世界株ファンド(毎月決算型)を買い増し

今回の下げの時に肝心の資金が無くて、黙って見ているところが楽天ポイントが少しあったので、買い物しないでポイントで投資信託を買うことにしました。

それで今回はバリュー株ということでハリス世界株ファンド(毎月決算型)を買い増しします。

毎度のごとく新興国不要論が出るくらい先進国が先に買われるから、今回はベトナムではなくハリス世界株ファンド(毎月決算型)の方を買います。といっても上昇力で最終的に新興国が勝つから、最初からベトナムの方を買うべきなんだけど、少額だしバランスも考えてハリス世界株ファンド(毎月決算型)にします。



posted by 南 歳三 at 23:01| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

ベトナムをさらに買い増ししました




世界的に株価が急落していたので、ベトナムへの投資を増やしました。他も買い増ししたかったけど弾切れで終了です。

株価下げの対処の仕方ですが、下がる前に利確しておくしか方法がなく、自分は自動的に毎月分配で利確しておりました。個人的には株価下げよりも買うための資金が不足しておる方が問題で、そっちの対処の方が大事です。

次は何が上がるかと聞かれればわからないと答えるしかなく、順番的に先進国から上がりそうだから、次から新興国への投資は控えようと思う。

posted by 南 歳三 at 17:24| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)の普通分配が継続中

ほとんど話題にしていなかった米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)ですが、7月と9月を除いて普通分配継続中です。7月と9月は普通分配と特別分配の両方なだけで、全額特別分配にはなっていません。

米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)に触れなかった理由ですが、損をしているからではなく、資金ができて買い増ししようと思ったら、儲かっているから買いを見送ってしまい、触れる理由がなかったからです。

毎月分配型は損をする商品と批判されがちですが、購入して実際に儲かっている立場から見れば、批判は間違っているし、批判者にはもうちょっと調べてから言えといいたい。

しかし高分配には自分も批判的で、米国株アルファ・カルテット(毎月分配型)の収益(インカムゲイン)が1万口当たり16円なのに100円も分配金を出すのは出し過ぎだと思える。ただ収益を上回る部分は投資元本を回収しているだけで、回収分を他のファンドの投資をして運用しているから、自分的には資産の取り崩しではなくリバランスになっています。

購入額が少ないのでいい加減買い増ししたいので、資金が出来次第買い増しします。



posted by 南 歳三 at 19:16| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

ベトナム増強

米ドルが反転して上がってきたので、ひとまずドル建て資産の買いは見送りです。ドル建て以外でということで、
ベトナム成長株インカムファンドを買い増しです。ちょうどベトナム成長株インカムファンドの資産残高が乏しかったので、買い増しには問題ないです。

ベトナム成長株インカムファンドの売れ行きも楽天証券で22位と売れていまして、人気が根強いので乗り遅れないうちに買えるだけ買いたいところです。ただ他にも買いたいものがあるため買えるだけ買うのことはできないです。

自分みたいな情報弱者はいつベトナムの買いを止めればよいかわからないので、楽天証券の買い付け順位が大きく下がってきたときに止めることにします。それまでは積極的にベトナムを推していきます。


posted by 南 歳三 at 15:49| Comment(0) | 投資信託 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする